w 花夢オーナーブログ 2011年08月19日
FC2ブログ



花夢は今現在、数社のスーパーマーケット様、産直販売店様と業務提携を頂いている。

こちらの部門は、創業当初から展開してきた訳ではない。

花屋の傾向として、自店で花を売っていながらスーパーマーケットに花を卸すのは抵抗があるからだ。

昔の花屋は業務用の花、お稽古花、切花単品が売り上げだったので、スーパーに花を卸すのは自殺行為だった。

しかし、時流には逆らえない。

日本各地の郊外にスーパー及びデパートが出来、軒並み小売業は打撃を受けた。

花屋も例外でなく、まず切花単品は売れなくなった。

花屋に求められるのは、技術であったりセンス

または、珍しい花の品揃えとお各様への対応力となった。


花夢も開店当初はお付き合いなどから切花を買って頂いたが、業務仕事が無い月は売り上げが低かった。

そのような時に地元で数店舗展開されてるスーパーから話を頂き、「花パック」を作成納品することとなった。

そして今現在は切花だけでなく、鉢花なども多く収める取引様も出来た。

季節行事には墓花、仏花、香花、榊なども別途でご注文頂いてる。


常々思うのが、お客様を店舗まで呼び込むのは本当に大変だと

店舗の継続的発展に来店客確保は必須だが、売り上げアップを目指すのには取引業者様の件数確保が大事

その展開の一部として花の卸しが出来るスーパー、産直販売店様は重要な位置にあります。

ただ、正直言って利益的には「少なめ」

なので単なる拡大路線は、返って経営を圧迫してしまう。


花屋のスタイルとして、花夢は総合的な店舗だと思う。

この業務形態が決して良い訳ではなく、順々に仕事のお話を頂いてこの様な形となった。

通常はその店の得意分野での発展が多いが、花夢は葬儀、ウェディング、店舗販売と多岐に渡った。

それはスタッフ各人の努力によって、発展してきた結果だと思う。


スーパー様の仕事は、仕入れて、束ねて、パックして納める。

この単純作業の繰り返し

しかしながら、仕入れなどは誰でも出来る仕事ではない。

また、店舗販売、葬儀なども新入社員で出来る仕事ではない。

仕事をするのに必須事項として、社員教育がある。

会社の経費として多くを占めるのは、仕入れと人件費


単に売上を伸ばすだけの経営はでなく、未来への展開を見出せる会社の体質にしなければならない。

経営者の自分は、頂ける仕事に感謝しながら業務の選択をしなければなりません。

2510530.jpg



スポンサーサイト



*フラワーショップ花夢*
豊川市御津町上佐脇西区179-3
http://fs-come.com/
▼ご注文はこちらからどうぞ!
フリーダイヤル:0120-76-3329


*フラワーギフト通販の花屋【フラワーショップ花夢】*
http://ec-come.com/

 2011_08_19



07  « 2011_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

comeshachou

Author:comeshachou
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム




pagetop