w 花夢オーナーブログ メッセージ
FC2ブログ



新型コロナで花業界が大打撃を受けたのは、メディアなんかでも言ってたので多くの人が知ったと思う。

これは、この期間だけで売上が下がったという、単純な話ではない。

あれだけの花業界への売上げダメージは、その後の花業界の先行きまでも暗い未来を招いてしまった。

その状況が、早くもこのシルバーウィークから秋の彼岸にかけて現れてきた気がする。

花業界 減少 ジリ貧 生産調整 コロナ過 アフターコロナ ウィズコロナ ワーケーション ブレジャー ツインデミック 同時流行

何が起こったかというと、、、

花が市場に全然、出てこなくなってしまった。

全く無いのではなく、需要と供給のバランスが著しく崩れてしまった。

その原因は天候不順ではなく、単純な花の絶対量が少ない。

では何故少なくなったのか?

一つはコロナ禍で世界的な流通に支障が出た。

だが、もっと深刻なのは、花の生産者が減ってしまったことによる供給不足だと推測する。

新型コロナで生産量だけが減ったのではなく、花の生産者が他の作物へ転換してしまったことによる花の供給不足・・・

そう考えるのは、、、

自分はこの数ヶ月でそれなりの花の生産者が数名、他の作物に転換した事実を知っているからだ。

春先からの新型コロナによる悪影響で、生産者は窮地に立たされた。

だが、お盆までは花の栽培のスパンがあるので急には転換出来ない。

栽培スパン的にお盆までが限度で、結果として秋のこの時期に一気に花が激減してしまった。

これは、あくまでも自分の妄想的な推測だから真実は分からない。

だけど、もしこの推測が当たっていたら・・・

これから訪れるクリスマス、年末、バレンタイン、卒業式、歓送迎、春の彼岸等々

花が充分に出荷されるのだろうか?

そして、こんなジリ貧な業界が人々から求められるだろうか?

日本人は、常の生活に花を必要としない。

だが、行事ごとには花を凄く求められる。

これでは我々、花屋も生活出来ないし、増してや生産者も常に売れなければ生きていけない。

この時期の花激減の減少は、私的には非常に大きく重い出来事だった。




スポンサーサイト



*メルマガ会員にクーポン&最新情報配信中*
https://ec-come.com/SHOP/mailmag.html


*フラワーショップ花夢*
豊川市御津町上佐脇西区179-3
http://fs-come.com/
▼ご注文はこちらからどうぞ!
フリーダイヤル:0120-76-3329


*フラワーギフト通販の花屋【フラワーショップ花夢】*
http://ec-come.com/

 2020_09_22


花夢にとって8月は、新年度は始まりだ。

そして本日は毎年恒例としていた年度始まりの式典、「新発式」だった。

そこで早速だが、スタッフ全員と共有した社長としての挨拶をブログで再度共有しようと思う。

関係者の皆様には今年度の花夢が、どの様な取り組みをしていくのか?

また、何に主眼を於いて日々業務に取り組むのか?

それらを私の挨拶をもって、ご理解頂ければ大変嬉しく思います。

尚、コロナ禍の影響で今回はスタッフのみでZOOMを使ってのリモートで開催した。

初めての取り組みだった為、何かとバタバタしたが大方は成功だったと感じてる。

ということで、下記の長文をご覧下さい。


第26期新発式 社長挨拶

皆さん、お疲れ様です。
世の流れとしてリモート新発式を開催してきたが、如何だっただろうか?
正直、これはこれで案外有りなのかと感じてる今日この頃...
さて、本題に戻り~

自分の役目は、最後にしっかりと締めるという覚悟で話していきたいと思う。
先ずテーマだが、これは日本語的に言えば「一に勉強、二に勉強、三四も勉強で五も勉強」的な意味合いだ。とにかく学習しろと!
そう言えば、作年度のテーマのサブタイトルが「生きてるうちに頭を使え!」だった。新聞の記事のコラムを紹介したが、皆さんは記憶にあるだろうか?
【「なんでだろう」「どうしてだろう」と考えることから始まる。その際、大切なのは、分からないからと、すぐに誰かに答えを聞くのではなく、まずは自分で考え、答えを探してみること。その積み重ねにこそ、知識だけではない“知恵”が育まれていく】
こう言った話をしたのだが、現場では「何をしたら良いのですか?」とか、先ずもって自分自身で考えずに聞いてくる場面がとても多かった。
それを踏まえてだけではないが、スタッフ全員がもっとプロ意識を持たないと、このコロナ危機からの業界の変化に対応出来ないと感じてる。
昨今の企業が求める人材の条件に課題発見力と行動推進力が強く求められている。問題や課題を的確に見定め、その課題に自ら望んでいける。そんな人材の事だ。これが出来ないというのは、自分が何をしたら良いのかが分からなくて、尚且つ、言われたこともままならない。それでは仕事を任されているとは言えない。正直、今まではこう感じる場面が多かった。これでは、何をしに会社の来ているのか分からないではないか?
そして更に、今年度のサブタイトルは「その道のプロになる」とした。
これはまさに自分自身で勉強をして、技術を磨いて、仕事を高レベルに持ち上げるとの意味だ。我々は会社に仕事をしに来ているのだから、、、

ここでちょっと体験談を・・・
私が花屋に就職して、直ぐに先輩から言われたのが
「学校じゃあるまいし、仕事を教えてもらおうなんて思ってたらダメだ。授業料を払ってるなら教えてもらえるけど、給料もらって仕事も教えてもらってなんて、図々しい。仕事は自分で努力して覚えるもんだ。教えてもらってないから出来ないなんて、絶対に言うな!」
言われた時はカチンときたが、でも言ってることは間違ってないなと思い、自分は花屋で仕事をしてる時に花の挿し方、水揚げの方法、配達の仕方、葬儀の搬入片付け等々、一切何のアドバイスももらわなかった。お蔭でミスはバンバンしたし、こっ酷く叱られもした。でも、その代わり仕事を覚えるためにあらゆる努力、例えば先輩がしている一挙手一投足を見逃さないとか、アレンジや花束の完成品をこっそり配達途中で分解してコツをみつけるとか!とにかく、色々なことをして仕事が出来るように頑張った。
話を戻して、、、
我々は花屋を生業として、花屋の仕事をしてお金を稼いでいる。花を通してお客様に満足して喜んでもらう。その対価として、給料がもらえる。としたならば、花に対するプロ意識を持って、それも高いプロ意識を持たなければ、先ほども述べたようにこの非常に厳しい社会で勝ち残れない。勝ち残れないというのは死ぬということ。会社で言えば倒産、店をたたむ。
大袈裟、若しくはゲスな言い方かもしれないが、それが事実だと自分は思う。その様な悲しい結末にならないよう、今から直ぐにでも勉強を始めてもらいたい。

ここで一つ、今回も新聞のコラムを紹介したい。
題目は、、、

本当の自由とは?――車いすの青年に出会い感じたこと

 車いす生活を送りながら、書家として活動している青年がいる。小学校6年の時、交通事故で重い障害を負った。何度も絶望の淵に立たされた。しかし家族や同志の支えもあり、見事に“復活の劇”を演じてきた。
「二度と動かないでしょう」と医師から告げられた手...“絶対に動かしてみせる”と祈り、つらい治療に耐えた。そして動いた! 「立つことは無理」と言われた足...だが、介助があれば歩けるまでに回復した。
そして、元々リハビリのために始めた書道だったが、その才能が開花する。躍動感あふれる書の数々!彼の作品展はメディアでも大きく紹介され、反響を呼んだ。「ぼくが頑張れば、周りも元気になってくれる。だから努力は怠れませんよ」。そう語り、筆を走らせる姿が凜々しかった。自由とは何か――
自分のことだけ考えて楽をする。それは自由ではなく、わがまま。つらいこと、嫌なことはしない。それは逃避。そうした生き方を続けていると自分の可能性はどんどん狭まり、逆に不自由になる。
困難の壁にぶつかっても希望を捨てない。自分らしく1歩でも1ミリでも挑戦を続け、可能性を開いていく。その生き方にこそ、真の自由と満足がある。そして真の幸福がある。伸び伸びと活躍する青年を見て、そう感じた。

そう!
わがままや逃避を続けると自分の可能性がどんどん無くなっていく。逆に努力や鍛錬を続けると可能性が次々と開けてくる。これは紛れもない黄金の法則だ。
そして、自分らしくやれば良い。そこから仕事のやりがいや人生の充実感は得られる。そう思うのだが、皆さんはどうだろうか?

リモートで進めてきた今年度の新発式も私の挨拶をもって終了となります。
私の思いとしては大前提としてのテーマ、それに沿った各部署の取り組み等はしっかり確認出来たので、今年度は大きな期待を持って挑んで参りたい所存だ。

再度確認で!
今年度メインテーマ「スタディー!スタディー!!スタディー!!!」そしてサブタイトルとして「その道のプロになる!」
くどいようだが、勉強するのは皆さん自身!
プロになるのも、ならないのも皆さん次第!
私の師匠が「ウサギとカメ」の話で、鋭い角度を指摘したことがある。
「カメは薄情だな...ウサギが寝てるのを起こさずに一人で出し抜けするなんて、慈悲がない」と!
私は皆さんに大慈悲をもって語っている。皆さんの中にある無限の可能性に訴えている。決して自分一人だけが幸せになろうなんて微塵も思ってない。但し、その訴えかけに応えるのは、皆さん自身だ!?
そのことだけはしっかりと認識して今年度を挑んで頂きたい。
そして、次の言葉を皆さんへ贈ります。
「人のお世話にならぬよう 人のお世話をするよう そして報いを求めぬよう」
これは東洋のシンドラーと呼ばれた杉浦千畝が自身の生き方の基本にしてた事柄
杉浦千畝が誰なのかも分からない人もいるかも知れないが、彼の生き方を少しでも垣間見て皆さんへの訓示としたい。

約二時間に渡る式典、最後までお付き合い頂き大変恐縮です。
リモートということでタイムラグが気になったが、何とか最後まで出来て良かった。
本日は誠にありがとうございました。

令和元年8月25日 有限会社花夢 代表取締役 桑野長文

花夢 新発式 社長挨拶 コロナ禍 感染対策 リモート ZOOM ウィズコロナ アフターコロナ 第二波



*メルマガ会員にクーポン&最新情報配信中*
https://ec-come.com/SHOP/mailmag.html


*フラワーショップ花夢*
豊川市御津町上佐脇西区179-3
http://fs-come.com/
▼ご注文はこちらからどうぞ!
フリーダイヤル:0120-76-3329


*フラワーギフト通販の花屋【フラワーショップ花夢】*
http://ec-come.com/

 2020_08_25


私は花の仕事に関しては両利きだ。

本来は極端な右利きで、目まで右利きなのが自分でも分かっている。

そんな身体だったので、この仕事に関わり出した当初は殆どの作業が右側中心だった。

それがたたってか、、、

右手の使い過ぎで酷い腱鞘炎に何回もなってしまい、浮腫みが激しくなったりして自由に使えなくなってしまった。

だからといって仕事を休める訳もなく、どうしたらハサミを使ったり花を挿せるようになるかと考えた結果!

単純に左手を使えば良い事に気付いた。

で、そこからは全ての行動を左手でするようにして(大リーグ養成ギブスは使ってないけど)

一年程で日常生活ぐらいは、こなせるようになった。

食事も左手、タバコも左手、もちろんハサミを使うのも花を挿すのもーーー

二十代前半だったので、色々な意味で柔軟性があったのだろうと思う。

おかげで今は、仕事だけは両手でしている。

食事は右で食べているが、子どもの頃と比べると色々な事が左で出来るようになった。

これ、まさに怪我の功名

怪我の功名 人生八勝七敗 最後に勝てばよい 尾車親方 相撲 

皆においても、そんな体験はあるのではないだろうか?

自分はスポーツ選手の奮闘ぶりをテレビで見ていて、この言葉を思い出した。

ピンチはチャンスとも言うが、諦めない精神の極めつけが後の功名に繋がるのだと思う。

*メルマガ会員にクーポン&最新情報配信中*
https://ec-come.com/SHOP/mailmag.html


*フラワーショップ花夢*
豊川市御津町上佐脇西区179-3
http://fs-come.com/
▼ご注文はこちらからどうぞ!
フリーダイヤル:0120-76-3329


*フラワーギフト通販の花屋【フラワーショップ花夢】*
http://ec-come.com/

 2020_06_16


自分の考えや思いを一方的に押し付けて人を動かそうとしたり、相手を変えようとしても上手くはいかない。

過去と他人は変わらないが、自分と未来は変えられる。」

これは決して戒め的な言葉ではなく、主体性を求められてる生き方を説いている。

相手や周りがどうであろうとキチンと筋の通った生き方だったり、不可能と思える困難も自分次第で乗り越えてみせる。

一人よがりだったり、ゴーイングマイウェイ的な意味でもない。

過去と他人は変わらないが、自分と未来は変えられる 豊川 御津 花屋 花夢

仕事場でスタッフや部下が、こちらの思うような動きをしてくれない。

また色々な場面で相手の事を思ってアドバイスしても、こちらの意図したようには反応してくれない。

この様な事は結構ある。

それを力ずくで進めたり、強引な舵取りで切り盛りしたりもする。

結果として動かしたとしても、それなりの結果が出たとしても、、、

本当の意味での成功には程遠い。

自分は、この様な経験がとても多い。

そもそも相手の思いを汲み取っていないで、こちらの勝手な思いで相手を動かすなんて・・・

どだい無理な事・・・

その為にも相手との関係性を見直して、相手を十分理解して事を進める。

こうゆう自分の取り組みが、やがては相手からの共感を得て、後に行動に昇華される。

過去と他人は変わらないが、自分と未来は変えられる。」

実は、これには続きがあってーーー

「起こった現象は変えられないが、事の意味合いは変えられる。」

今日よりは明日、明日よりは明後日と!

変わらない過去や他人を思い返すのではなく、自分自身が成長する事を追い求めたい。














*メルマガ会員にクーポン&最新情報配信中*
https://ec-come.com/SHOP/mailmag.html


*フラワーショップ花夢*
豊川市御津町上佐脇西区179-3
http://fs-come.com/
▼ご注文はこちらからどうぞ!
フリーダイヤル:0120-76-3329


*フラワーギフト通販の花屋【フラワーショップ花夢】*
http://ec-come.com/

 2020_04_01


初めに言っておくけど、花夢の事ではないので!

素行の悪いスタッフが居て、外部やお客様から指摘をされた。

これに対して上司が指導をする。

だが上司としての指導は下手をするとパワハラになってしまう為、当たり障りがない無難な注意しか出来ない。

結果として、この素行の悪いスタッフが根本から反省する事はなく、同じ様な問題が出続ける。

と、こんな話を他会社の幹部の方とした。

謝罪 パワハラ モラハラ ハラスメント 更生 豊川 御津 花屋 花夢

ホントに難しい時代になった。

悪いなら悪いとストレートに言えないなんて、、、

これでは社員教育なんて到底出来ない。

自分は社員教育の面では、とても厳しく接する。

出来てないのに口ばかりだったりすると、スパっと切り捨てる。

それで自覚出来ないのなら、これでもかという位に指導をする。

これって、パワハラ!?

でも、我々の様な技術屋の仕事は結果が全てで、そこに甘えは許されない。

私が花夢のトップでいる限り、この姿勢は変わらない。

*メルマガ会員にクーポン&最新情報配信中*
https://ec-come.com/SHOP/mailmag.html


*フラワーショップ花夢*
豊川市御津町上佐脇西区179-3
http://fs-come.com/
▼ご注文はこちらからどうぞ!
フリーダイヤル:0120-76-3329


*フラワーギフト通販の花屋【フラワーショップ花夢】*
http://ec-come.com/

 2020_02_25



09  « 2020_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

comeshachou

Author:comeshachou
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム




pagetop